導入事例

「設計・産業分野」3Dスキャンでリバースエンジニアリングによるリモコン壁掛け

3Dプリンティングを考えるときに、医学、航空宇宙、自動車などの先端アプリケーションが真っ先に考えられると思いますが、3Dプリンティングの主な用途の一つとして「カスタマイズ」があります。
今回は、3Dスキャンを使用して、リバースエンジニアリングと3Dプリンティングを融合し、カスタムソリューションを実現させた事例を説明させていただきます。

リモコンの壁掛けホルダーの3Dスキャンの様子

今回の事例は、リモコンの壁掛けの作成です。今まではオフィスのリモコンの置き場が定まっておらず、紛失することが多くありましたが、壁掛けで決まったの置き場を作ることで、紛失を防ぐことに成功しました。
使用された機械は3Dスキャナー「EinScan Pro 2X Plus」(※現在はEinScan Pro HDをご案内しています。)と3Dプリンター「Raise3D Pro2」です。
ターンテーブルが自動に回転し、付属のソフトウェアが数回のスキャンデータを統合してくれるので、小さな部品でも簡単に高精度・高解像度でスキャンできます。
スキャンされたデータを取得し、「STL」拡張子に保存されます。
※リバースエンジニアリング機能が必要になるお客様に対して、弊社が「EinScan リバースエンジニアリング パック」を用意しております。

リモコンの壁掛けホルダーの3Dスキャンデータ

EinScan Pro 2Xシリーズには、CADソフト「Solid Edge SHINING 3D Editon」が無料付属しており、スキャンで取得したSTLデータをインポートし、そこからリバースエンジニアリングを行うことができます。

リモコンの壁掛けホルダーのモデリング
リモコンの壁掛けホルダーのモデリング

得られた表面データに基づいて、同期モデリング手法を使用し、壁掛け形状の予備モデリングを開始します。スキャンデータと一致するするようにフィットを調整し、エンドリポートなどの必要な仕様でマウントのモデリングを作成します。

リモコンの壁掛けホルダーのモデリング
リモコンの壁掛けホルダーのモデリング
リモコンの壁掛けホルダーのモデリング
リモコンの壁掛けホルダーのモデリング
リモコンの壁掛けホルダーのモデリング

最後に「Solid Edge SHINING 3D Edition」のグリッドデータ編集ツールを使用し、壁掛け部分のサイズを調整します。リモコンに完全に一致する溝の形状を作成し完成です。

リモコンの壁掛けホルダーのモデリング
リモコンの壁掛けホルダーのモデリング

設計したデータは「STL」データで書出し、弊社の「Raise3D Pro2プリンター」で造形できます。完成したリモコン壁掛けは以下になります。

完成したリモコンの壁掛けホルダー



EinScan 3Dスキャナー紹介ページはこちらへ
Raise3Dプリンター紹介ページはこちらへ